« カカオと果物の関係について | トップページ | 5月が旬の果物 »

2011年5月12日 (木)

トマトの謎について

トマトは果物?

夏になると丸かじりしたくなりトマト。
栗田智仁は畑になっているトマトを井戸水で冷やしてそのまま食べるのが一番大好きでした。
このトマトなんですが、戦時中の食料難の時代には果物として食べていたそうです。
その時代は今とは違って、食に関して全ての食べ物が貴重だったからかもしれないですが・・・・。
今ではトマトっていったら健康的になれる野菜の1つになっていますよね。
栗田智仁、りんごを見て思ったんですが、両方とも果実なのにどうして1方が果物でもう片方は野菜なのか? 凄く素朴な疑問だと思いませんか?! そこでトマトが野菜なのか、果物なのか今日は決着をつけたいと思います。
栗田智仁は必死になって調査しました! 以前アメリカで「トマトは野菜なのか果物なのか??」という重大な問題になる事件があったそうなんです。
植物学者は「果物」といって農務省は「野菜」と認定し、裁判所では「トマトは食事中に食べられデザートにならない」と理由で野菜と判決を出したんだそうです。
裁判にもなる事件ってそうとうな事件なんだなって思います。
でももっと重要な事件の裁判があるんじゃないか??ってアメリカの自由さに感心した栗田智仁でした。
結果的には最高裁までいき、トマトは野菜だと認定されたらしいです。
しかし、なぜここまで執念をもってトマトが野菜が果物かを知りたかったのか?? アメリカでは、輸入野菜には10%の税金がかけられるそうです。
一方果物は無税。 輸入する立場から言って税金より無駄の出費はないと思います。
だからって裁判って・・・・。 この費用のほうが多くかかったんじゃないかなって栗田智仁は思いました。
しかし、この結果はアメリカバージョンです。
日本だとどうなるのかな?? 気になりますが、トマトは野菜でいいと思います。
今日の判決! トマトは野菜と認定します! 栗田智仁でした!

いろいろなトマトについて

最近トマトでもたくさんの形や色の種類が出てきています。
例えば、フルーツトマト。
品種改良によってできたものですが、このトマトの特徴は極点に水分を控えて成熟させて糖度を高めてフルーツ感覚で食べられるようにといったイメージで栽培したそうです。
栗田智仁の中でさっきトマトは野菜って結論を出したもののフルーツトマトに関してはやっぱり果物だなって感じます。
あくまでもフルーツトマトに限定しましが・・・・。
他にもミニトマトなど小さなタイプものが流行ってきているみたいです。
手軽で食べやすいからかな?!
栗田智仁もでかいのよりは小さくスナック的な感じで食べれたらいいなって思います。
それにしても、野菜の値段が高くなってきたからそう安易に買えないです・・・。
家庭菜園でもしようかなって思っている栗田智仁でした!

« カカオと果物の関係について | トップページ | 5月が旬の果物 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1440969/39960930

この記事へのトラックバック一覧です: トマトの謎について:

« カカオと果物の関係について | トップページ | 5月が旬の果物 »