« 風邪予防と果物の関係 | トップページ | フルーツの栄養について »

2011年5月23日 (月)

オレンジ色のレモンについて

レモンの不思議

レモンって聞くと「黄色」というイメージがあると思います。 栗田智仁もレモンは黄色です。 しかし、レモンにはオレンジ色もあるんです。 元々レモンって名前がついてはいるけど、かんきつ類と交雑した品種なんです。 だから栽培環境によって果実の形が変わりやすく丸いものになったりもするんですよ! 熟したりすると黄色からオレンジにも変身したり・・・・。 なんか日曜の仮面ライダーみたいですよね! 「変身」して人間からヒーローにみたいに・・・・・。 栗田智仁も不細工な顔から変身したらかっこいい草食男子になれるかな(笑) 冗談はさておき、一回挑戦してみても楽しいかもしれないですね!! レモンを放置して本当にオレンジ色になるか試してみたいところです!

レモンのいろいろ

リスボン 主力品種の1つ。樹勢が強く、豊産性の品種。トゲがやや多い。 ユーレカ 主力品種の1つ。樹勢はレモンの中ではやや弱い方。開張性でトゲは比較的少ない。リスボンより耐寒性がやや弱いとされている。 ビアフランカ(ビラフランカ) トゲなしレモンとして苗が売られている。果実の品種特性はユーレカに近い。他の柑橘類でよく見られる晩秋の異常落葉が少ない品種である。 ジェノバ 日本では知名度の低い品種であるがチリで主に栽培されている品種。日本に輸入されるレモンのうち6割程度がアメリカ産だが、チリ産レモンは約3割を占める。 マイヤーレモン オレンジとレモンの自然交雑で誕生したといわれる品種。栽培環境によっては果実の形状が丸みを帯び、完熟すると果皮の色がオレンジがかってくる。酸味が弱いが香りが良いとされている。 サイパンレモン マイヤーレモンの系統で「菊地レモン」「島レモン」とも呼ばれる。北マリアナ諸島のテニアン島から小笠原諸島に導入された品種。果実は一般的なレモンよりやや大きく丸みを帯びている。 スイートレモネード オレンジとレモンの交配種として売られている。果実は丸みを帯び、一般的なレモンにある乳頭の突起がほとんどなく酸味が弱く糖度が高いとされる。マイヤーレモンと同じ系統かどうかは情報量が少なく不明。 ポンテローザ 普通サイズの3倍の大きさのジャンボレモン。ごく僅かであるが日本国内でも流通するようになった。酸味はややマイルド。 チャイナリトルレモン レモンと名前は付いているが東南アジアで栽培されている四季橘(しききつ、カラマンシー)の事を指す。沖縄に自生するシークヮーサーと似ているが果汁にはノビレチンが含まれていない。 栗田智仁の人生の中でほとんど聞いたことがない名前ばっかり・・・・。 一回は全て食べてみたいですよね!

« 風邪予防と果物の関係 | トップページ | フルーツの栄養について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1440969/40097262

この記事へのトラックバック一覧です: オレンジ色のレモンについて:

« 風邪予防と果物の関係 | トップページ | フルーツの栄養について »